美肌や健康な体を作るためには善玉菌をより多くしておくことが大切です。

MENU

腸内フローラ

腸内フローラを詳しく説明

「腸内フローラ」という言葉を聞いた事がありませんか?

乳酸菌飲料のCMなどでなんとなく聞いた事がある人もいらっしゃるのではないかと思います。しかし、腸内フローラとはどんなものなのかきちんと理解している人は少ないのではないかと思います。
また、腸内フローラはアンチエイジングと密接な関係があることをご存知の方も少ないのではないでしょうか?
そこでここでは腸内フローラとはどんなもので、なぜアンチエイジングに関係があるのかどうかをご説明していきます。

 

腸内フローラとはどんなもの?

みなさんは「腸」というとどんなイメージをお持ちになっているでしょうか?多くの人は「食べたものを消化したり吸収したりして、そこで出た老廃物を排泄する為のもの」というところですよね。しかし、腸がどのように食べ物を消化吸収し、老廃物を排泄しているのか詳しくはわかっていませんよね。
腸の中には1,000種類ほどの腸内細菌が100兆個以上います。この腸内細菌がまるで花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。要するに「腸内フローラ」とは「腸内細菌の集まり」の事を指しているのです。

 

腸内細菌は「善玉菌」、「悪玉菌」、そのどれにも分類されない「日和見菌」の3つに分類されます。この3種類は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?よくTVなどで「悪玉菌を減らして善玉菌を増やそう」などと聞く事があるかと思いますが、実際腸内の全てが善玉菌であれば言いわけではなく、この3種類の菌がバランスよく腸内で働く事が大事なのです。まぁ善玉菌が悪玉菌より多いほうがいいことは確かなんですけどね。

 

腸内フローラがアンチエイジングなぜ関連してるのか?

先も記載したとおり、腸内には「善玉菌」、「悪玉菌」、そのどれにも分類されない「日和見菌」の3つがあります。
善玉菌には美肌や健康な体を作るために必要な栄養素を作り出す働きが、悪玉菌には有害な物質を作り出す働きが、日和見菌には善玉菌と悪玉菌の両方の働きをしています。そのため、善玉菌を腸内で増やす事で、より若々しく健康に過ごす事が出来るわけです。
しかし、人間の腸内細菌は年齢や生活習慣によって簡単にバランスが崩れてしまいます。悪玉菌が腸内で増えてしまうと肌だけでなく体の調子も悪くなってしまいます。アンチエイジングのためにも善玉菌をより多くしておく事が大切なわけです。

 

善玉菌を増やす為に

善玉菌を増やす為に大事な事は食生活を見直すことです。体の老廃物をきちんと出すようにするために食物繊維を摂るようにしたり、ヨーグルトや野菜などビフィズス菌を多く取れる食物をとるようにするとよいでしょう。