紫外線のUVAとUVBは肌に悪影響を及ぼします。

MENU

紫外線による肌の老化

太陽から降り注がれている光は、地球上の生物を育て、乾燥させ、殺菌し、温め、電力を作り、古代から地球の生物の営みをはぐくんできました。
文明の発達を担ってきたと言っても過言ではありません。

 

そのありがたい太陽の光には、そのように生物に有意義な働きをする光線の他に、物質を劣化させ、人間の遺伝子を破壊して、発がんの原因となり、シミやシワなど肌を老化させる紫外線も含まれています。

 

紫外線には、UVAUVBUVCという3種類があり、最も危険なUVCは、現時点では、ほとんど地球上に届いていません。

 

今度、環境破壊が進み、オゾン層が破壊されてしまえば、UVCが多量に地球上に届く日がやってくるかもしれませんが、現在私たちが悪影響を受けている紫外線は、UVAUVBです

 

 

紫外線のうち最も波長の長い紫外線はUVAで、紫外線のうちのほとんどがUVAです。

UVAは、肌にあるコラーゲンなどの弾力繊維に切り傷のようなものを作り、肌に深いしわを刻みます。
乾燥によるシワは浅いシワなので、保湿によって修復することができますが、UVAによって作られたシワは深く切り込まれているので、修復することはできません。

 

また、弾力繊維が傷つけられた為に、肌の弾力も無くなってしまい、ハリのある肌からたるんだ肌に変化してしまします。

 

野外作業に長年従事してきたお年寄りの顔のシワと、都会で暮らすお年寄りの顔のシワが全く違うのは、この為です。

 

 

さらにUVAは活性酸素を発生させ、肌を錆びつかせて老化させるほか、メラニン色素に影響を与えてシミをひどくしてしまいます。

UVBは、いわゆる日焼けを起こす紫外線です。

 

UVBを浴びると、肌の中では、紫外線の侵入に対して防御反応が働いて、真皮の下にある基底層でメラニン色素を生成します。

 

このメラニン色素は、正常な新陳代謝がおこなわれて入れば、基底層で作られたメラニン色素は、28日間をかけて、角質層まで上がってきて、やがて不要な角質として剥がれおちていきますが、新陳代謝が活発におこなわれていないと、くすみやシミとなって肌に残ってしまいます。