アンチエイジングには、和食が効果的との研究結果が出ています。

MENU

アンチエイジングと食事

30代~40代になると多くの女性は「アンチエイジング」に強い興味を示すようになりますが、アンチエイジングを真剣に考えるのであればまずは「身体の内側からアプローチを行う事」が大切です。

 

もう少し具体的に言うなら、アンチエイジングの基本は肌本来のハリやツヤを維持する事ですから、そのためには日々の「食事」に気を遣う必要があります。

 

美容のために重要なのは日々の食事に気をつけてバランスのとれた食生活を送ることです。

 

食事によって摂取した栄養素や有効成分は必ずお肌に良い影響を与えてくれますが、逆に言うと食生活が乱れると老化が進むスピードが早くなってしまうので注意が必要です。
そのため、アンチエイジングを真剣に考えるのであればまずは日々の食事を見直してみて、お肌に最適な食生活に切り替えていく事が大切です。

 

日本食

ちなみに現在では世界中で「日本食」に注目が集まっており、アンチエイジングには和食が効果的との研究結果も出ているほどです。
そのため、中高年女性が食事を見直してアンチエイジングを見直すのであれば、

 

まずは「日本食中心の食生活」に切り替えてみるのがオススメです。

 

私達が住む日本では古来よりさまざまな食材を使った料理が食べられてきましたが、美容やアンチエイジングに良いとされる食材としては「豆類」や「米」、「ごま」や「わかめ」、「野菜」、「魚」、「キノコ類」、「いも類」などが挙げられます。

 

私たち日本人が日常的に食べている和食にはこれらの食材がふんだんに使われていますが、近年は食の欧米化が進んだ事によってこれらの食材を日々の食事に取り入れる家庭が減少傾向にあります。

 

しかし、脂質やたんぱく質の摂取が過剰になりやすい欧米食を続けていると身体は次第に衰えていき、老化するスピードも早まってしまう恐れがあります。
そのため、エイジングケアとして一日3食の内少なくとも1食は日本食に切り替え、身体の内側からエイジングケアを行うことが大切です。

 

それに加えてサプリを上手に利用して栄養補給するのもいいですね。