肌の老化を防ぐ生活習慣のポイント

MENU

肌の老化を防ぐ為の生活習慣

肌の老化を促進させる原因になるようなことを、日常的に続けていると、20代であっても肌の老化は加速してしまいます。

 

肌の老化を防ぐ為には、肌を老化させる原因になるようなことを日常生活から取り除くよう心がけることが大切です。

 

 

基本的には、十分な睡眠をとること、栄養バランスの良い食事をすること、規則正しい生活をすることです。

美しい肌は、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって、新陳代謝が促されることで保たれます。

 

そして、成長ホルモンは、22時から2時までの時間帯に最も活発に分泌されるのですが、深い睡眠に入っていないとこの時間帯でも分泌されません。

 

その為、遅くても、24時までには、就寝することが大切です。

 

浅い眠りでは、細胞を修復し、内臓や脳を休めるという睡眠が体に施す恩恵を受けられないので、深く、四つの良い睡眠をとれるような工夫も大切です。
帰宅後はできるだけゆったりした気持ちで過ごし、神経を鎮めてから就寝するようにしましょう。

 

肌の老化を防ぐ為には、バランスの取れた栄養を摂取することも重要なポイントです。

外食や加工食品を多く摂取していると、栄養が偏るばかりではなく、添加物に含まれる毒素が体内に蓄積し、肌の老化を加速させる原因になります。

 

脂質や糖分を摂り過ぎ、食物繊維が不足すると、腸内が理想的な環境に保たれず、体内の血液の循環が悪くなり、老廃物も貯まってしまいます。
また、糖分の過剰摂取は、身体を糖化させるので、これも肌の老化を加速させてしまいます。
緑黄色野菜、大豆製品、魚介類、海藻類など、食物繊維、良質なたんぱく質、ミネラル、ビタミン類をバランスよく摂取できるような食事をこころがけ、外食や加工食品ばかりにならないようにしましょう。

 

そして、喫煙習慣とアルコールも肌の老化を加速させます。

喫煙は、肌を老化させるだけではなく、健康にも悪影響を与えます。
アルコールは適量であれば問題ありませんが、アルコールを摂取するで、食事をする時間が遅くなったり、おつまみとして脂質を摂り過ぎたりすることが肌に良くないので、じょうずにアルコールと付き合いましょう。