コラーゲンが不足すると、肌のハリや弾力を失います。

MENU

肌の老化を防ぐコラーゲン

人間の体内で生成されるたんぱく質の一つであるコラーゲンは、体内のタンパク質のうちの30パーセントを占め、そのうちの40パーセントは肌にあり、その他には骨や軟骨、靭帯や腱、血管、内臓などにあり、肌にハリを持たせ、関節を滑らかに動かし、身体をしなやかで柔軟にする役割押しています。

 

コラーゲンは人間の体内で生成される他、哺乳類や魚介類から抽出されたゼラチン、豚、牛、鶏、魚類から抽出されたコラーゲンペプチド、鶏の軟骨、サケなどから抽出された非変性コラーゲンなどがあり、肉類、魚類、ゼラチンに含まれています。

 

そして、人間の体内で生成されるコラーゲンには、数十種類に及ぶコラーゲンがあり、体内のあらゆる場所で、それぞれのコラーゲンが、身体を正常に機能させるための働きをしています。

 

年齢とともに、体の柔軟性が失われていくのは、体内で生成されるコラーゲンが減少したり、コラーゲンの質が低下したりする為です。

 

そして、肌からハリが失われ弾力の無い肌になってしまうのも、体内で生成されるコラーゲンが減少したり、コラーゲンの質が低下したりする為です。

 

従って、老化を防ぐ為には、コラーゲンの現象を食い止める、コラーゲンの質を落とさないということが必要です。

コラーゲンは、食事やサプリメントから摂取し、身体の内側から補うこともできますし、美容液やクリームを使って、肌の外側から補うこともできます。

 

そして、身体の外側から肌に働きかけて、肌がコラーゲンを十分生成できるようにする為に効果的な働きをするのが、ナールスゲンという成分です。

 

ナールスゲンは、コラーゲンを生成する線維芽細胞を活性化させるという効果があるので、肌の弾力を保つ為に必要なコラーゲンが、ナールスゲンによって十分の生成されるようになるのです。

 

ナールスゲンを配合した化粧品やクリームを使うと、コラーゲンの量が増えるとともに、コラーゲンの質が良くなるので、老化した肌の質が根本的に改善され、ハリのある肌になります。