コラーゲンは、細胞同士を結び付け弾力のある肌を作るために欠かせないたんぱく質であり、皮膚にその40パーセントが存在しており体を構成しています。ナールスゲンは、皮膚線維芽細胞を活性化しコラーゲンの生成を促します。

MENU

ナールスゲンの効能・コラーゲンとの関係

ナールスゲンの効能にはコラーゲンの生成を促し肌の老化の対策をするという効能紫外線による肌のダメージを抑る効果があります。

 

 

ナールスゲンとコラーゲン

ナールスゲンは、皮膚線維芽細胞を活性化しコラーゲンの生成を促します。
コラーゲンは、体を構成しているたんぱく質の一つで、皮膚にその40パーセントが存在しています。

 

コラーゲンは細胞同士を結び付け弾力のある肌を作るために欠かせません。

 

コラーゲンは年齢と共に減少し、新陳代謝のスピードも年齢と共に衰えることから皮膚の老化が起こります。また年齢と共にコラーゲンの質も低下してしまいます。

 

ナールスゲンが新しいコラーゲンを作り出すことを促すことで、肌の老化防止となりますがナールスゲンには、コラーゲンを生産する過程で必要なHSP47という成分の生産も促すために質の良いコラーゲンが作られます。

 

コラーゲンは三重らせん構造をしており、ちゃんとした形のコラーゲンが作られず質の悪いコラーゲンが作られると、肌のつや、ハリが悪くなります。

 

しわに良く効く合成ペプチドの場合、濃度が増すと弊害がありますが、ナールスゲンの場合はコラーゲンの生成を促す効果も、ある時点を超えるとそれ以上に増えないという実験結果より、ある程度の濃度以上を取っても効果は変わらないことと、過剰摂取による毒性は見られませんでした。

 

しわの改善する成分としては、安心して使用できる成分と言えます。

 

最近美容に気を使っている女性に最近人気なのがオリーブを使ったサプリです。
その他にも女性に嬉しいビタミンCや健康や美容にいいというポリフェノールを配合しています。

 

 

コラーゲンと肝硬変

コラーゲンは体を作るたんぱく質で、皮膚以外にも、いろいろなところに存在し関節や、肝臓にも存在します。
アルコールの飲み過ぎなどで起こる肝硬変は実は傷ついた肝臓をコラーゲンが修復することの繰り返しで起こります。
ナールスゲンは、肌に塗る化粧品に含まれていますが真皮まで到達し、真皮には毛細血管があるので真皮から、肝臓に至ることも考えられます。

 

肝臓で、もしコラーゲンの生成を促すと肝硬変になるというリスクがありますが、実験結果では肝臓のコラーゲン生成に関しては、生成の促進効果はありませんので肝硬変の心配はありません