喫煙により、ビタミンCが破壊されてシミができてしまいます。

MENU

肌の老化を加速させる喫煙

喫煙することによって肌がこうむる悪影響は、非常にたくさんあります。

 

タバコに含まれているニコチンには、血管を収縮させる働きがある為、全身の血液の循環が悪くなります。

 

その為、肌の新陳代謝が順調に行われなくなってしまいます

 

新陳代謝が活発におこなわれないと、角質が剥がれおちていかず、肌に残ってしまうので、新しい肌が生まれなくなり、肌のくすみの原因になってしまいます。

 

また、タバコの煙には活性酸素が多く含まれており、身体を酸化させるので、肌も錆びついた状態になり、コラーゲンやエラスチンが破壊され、シワができ、ハリの無い肌になってしまいます

 

タバコを吸うと、ビタミンCが破壊されてしまいます。

ビタミンCは、シミの原因になるメラニン色素の生成を抑える働きをする栄養素なので、ビタミンCが不足すると、シミができてしまいます。

 

喫煙習慣を長く続けていると、肌の老化が喫煙習慣のない人よりもはるかに速く進むため、肌のたるみやシワが多くみられるようになるという検証の結果も出ています。

 

スキンケアやサプリメントで老化を防止する為の努力をしていても喫煙習慣は、その努力をすべて水の泡にしてしまいます。

 

喫煙をしないと、ストレスが解消できないと思い込み、喫煙習慣を止めることができない場合には、喫煙以外でストレスを解消する為の方法を探しましょう。

 

夢中になれるような趣味を見つけることや、適度な運動をすることは、ストレスを解消する為に大きな助けになります。
家族や友人との会話を楽しむこと、音楽を聴くこと、ガーデニングをすることなど、日常生活の中のちょっとしたことでストレスが軽減されることがあります。

 

自分にあったストレスの解消方法を見つけ、喫煙習慣をできる限り早い時期に立ちきり、肌の老化を防ぐようにしましょう。