ナールスゲンは、真皮の線維芽細胞を活性化し、HSP47を増やしコラーゲンの生成を促すのが、アンチエイジングのポイントです。

MENU

ナールスゲンの効能・HSP47とは

ナールスゲンの効能に、HSP47を増やす効能がありますが、HSP47とはどういうものでしょうか。

 

HSP47とは
たんぱく質が作られる時に、補助的な働きをするたんぱく質を分子シャベロンと言います。
コラーゲンの生成に特異的な機能を持つ分子シャベロンを、
HSP47(熱ショックたんぱく質、Heat Shock Protein)と言います。

 

年齢と共に、肌のコラーゲンの生成は低下し、しわなどになってしまいコラーゲンの生成を促すことが、アンチエイジングのかなめとなっています。

 

コラーゲンの生成に関係する、HSP47は、年齢と共に減少してしまいます。

 

ナールスゲンは真皮の線維芽細胞を活性化し、HSP47を増やしコラーゲンの生成の補助をします。
コラーゲンの生成の時に、HSP47は質の良い、正しい立体構造のコラーゲンを作ります。コラーゲンは、正しい構造でないと、正しく機能しません。

 

紫外線等のストレスによって、コラーゲンは正しい立体構造が壊れてしまいますがその時にも、HSP47は、修復をしてくれます。
その修復も出来ないほどに、壊れてしまっている場合には、除去するように壊す手助けをし働きが悪くなっている状況を回復しようと働きます。

 

 

また、よりスムーズなコラーゲン生成にはビタミンC、鉄分を食品から摂ることも大切です。

 

 

ナールスゲンはHSP47が原因の肝硬変をおこさない

肝硬変とは、肝臓では、お酒の飲み過ぎや肝炎によって肝細胞が傷つくと、肝星細胞がコラーゲンを作り応急処置をします。
これの繰り返しが起こると、その修復のところが硬くなることを肝硬変と呼びます。

 

この場合、HSP47はコラーゲンの生成に必要なのでかえって肝硬変になる助けをしてしまいます

 

ナールスゲンは、この肝硬変の原因となる肝臓にある肝星細胞を活性化してコラーゲン繊維は作らないという研究結果があり副作用の心配もありません