エラスチンは体内では皮膚の真皮、血管壁、靭帯に存在しており、弾力に富むたんぱく質でコラーゲン同士を結びつけます。エラスチンを含む食品は、毎日採るようなものではないのでサプリメントでの摂取が望ましいです

MENU

ナールスゲンの効能・エラスチンとの関係

ナールスゲンは、エラスチンの生成を促進する作用があります。

 

エラスチンとは

エラスチンとは弾力に富むたんぱく質の一種で、コラーゲン同士を結び付けます。
体内では皮膚の真皮、血管壁、靭帯の存在しています。

 

エラスチンは、コラーゲンなどとともに、皮膚の真皮にある線維芽細胞によってつくられます。エラスチンは加齢とともに減少し、紫外線、ストレスなどによって発生する活性践祚が原因で減少します。

 

エラスチンが少なくなると、肌に弾力がなくなり、しわ、たるみなどの原因となります。

 

エラスチンは食品からも摂取することはできますが、含まれる食品が、牛筋、軟骨、手羽先などのように毎日採るようなものではないためにサプリメントのような形での摂取が多くなります。

 

肌のハリや弾力を維持するには真皮にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の相互作用が必要です。

 

 

ナールスゲンとエラスチン

ナールスゲンは真皮の線維芽細胞のエラスチン生成を促します。
線維芽細胞は、エラスチンのほかコラーゲン、ヒートショックプロテイン(コラーゲンの生成の活性に必要)ヒアルロン酸を作り出します。
この細胞を活性化することで肌のはり、弾力を保持することが出来、肌の老化防止します。

 

肌の弾力を保つために、コラーゲンが必要ですが、ナールスゲンはコラーゲンの生成も促します。

 

またその構造も、正しい構造の質の良いコラーゲンを作る働きを助けます。
エラスチンは、このコラーゲンを結び付けますが、コラーゲンが質の良いコラーゲンであるためコラーゲンの網目構造がしっかりしたものが作られ、肌のはり、弾力を保ちます。

 

コラーゲンや、エラスチンは真皮で活性酸素が発生するとダメージを受けてしまいますが、活性酸素の発生の原因である紫外線から、ナールスゲンは守る働きもしていますので、ダメージを受けることを防ぎます、また、ダメージを受けた後の修復屋、再生を促す効果があります。

 

ナールスゲン自体には、抗酸化作用はありませんが、肌がもともと持っている抗酸化力を強くします。
また、ナールスゲンの含まれる化粧品には、相性の良いビタミンCを含んだものが多く、抗酸化力より相互効果が得られます。

 

ナールスゲンを含んだ化粧品を使った肌の弾力の変化の実験においてとても良い結果がでており、細胞の活性化を促す合成ペプチドと比べても約倍の効果があります。