日本茶やウーロン茶、プーアル茶には、AGEs(老化促進物質)の生成を抑制する作用があります。

MENU

抗糖化とは

今では「美魔女」という言葉が日本中で浸透するほどアンチエイジングに成功した中高年女性が増えてきています。
最近ではハリウッド女優やセレブの間でもアンチエイジングを目指す動きは加速しており、中でも「抗糖化」と呼ばれるアンチエイジング法が話題を集めています。

 

抗糖化とは糖質や炭水化物の摂取を避ける事によってアンチエイジングを図る方法のことです。

 

糖化とは食事によって摂取した糖質や炭水化物が糖分に変化して血液中に長く残っている事で身体を構成するたんぱく質がグリケーション(糖化)を引き起こし、変性して硬く脆い状態へと変化して「AGEs」と呼ばれる最終糖化産物に変化してしまうことを指します。
この最終糖化産物が出来ると血管病変を起こし易くなってしまうので、人間の身体はドンドン老化していく事になります。

 

また、最終糖化産物は身体に一度でも出来ると取り除く事が非常に難しく、さらに動脈硬化が進んだり骨が脆くなる原因にもなり得るので注意が必要です。

 

糖化は身体中で酸化のダメージを助長する働きがある為、放置しているとドンドン老化が進んでしまいます。
そのため、アンチエイジングを目指す人にとって糖化は最大の敵であり、取り除くべき対象でもあるのです。

 

米やパン

糖化を防ぐためには糖質や炭水化物の摂取を制限する「抗糖化」が効果的であり、アンチエイジングを目指す為の近道です。

 

自分で行う事が出来る抗糖化としては甘い物の摂取を避け、炭水化物の多い米やパンなどの食材を日々の食事で控えるようにする事などが挙げられます。

 

また、日常的に抗糖化作用のある食品や飲料を積極的に摂取する事でアンチエイジングを目指す事も出来ます。
たとえば日本茶やウーロン茶、プーアル茶にはAGEsの抑制作用がある為、日常的に飲む事でアンチエイジングの手助けとなります。
白湯をも美容効果があるのでおすすめです。